「2015年4月」の記事一覧

七田式右脳開発法

脳はその一部しか使っておらず大きな可能性を残していると言われています。 脳に右脳と左脳という大脳半球がありますが、その役割分担ははっきりとは解明はされていませんが、それぞれに個性があるのは間違いありません。 一般に右脳は・・・

学習する環境の作り方

小学生の子どもの頭が良くなる方法として、「環境」が大きく影響していることがわかります。 現役の東大生に小学生の頃、家の中のどこで勉強をしていたのか聞いたところ、その多くが「リビング」だと答えたそうです。 子供部屋とかでは・・・

よく噛む

「よく噛む」、これが頭が良くなる方法になると言われています。 昔からよく噛んで食べることがいいと言われています。 よく噛むことで脳に適度に刺激を与えることができるからです。

授業の受け方

小学生の場合、学校での授業の受け方によって学力はかなり左右されると思います。 まじめに先生の話を聞いていればそれでいいのか、そうではありません。 頭が良くなる方法として、大切なことは授業の受け方です。

パズル

「パズル」をすることも頭が良くなる方法だと言われています。 人はただテレビを視ているだけでは、脳を使っていません。 パズルをすることで、パズルを解こうとして脳が働きます。 簡単に解けるものよりも、ある程度考えて考え抜くく・・・

頭が良くなる音

音を聴くだけ、という頭が良くなる方法について説明します。 書籍として音が入ったCDとセットにして販売されているほど、ポピュラーなものです。 小学生も大人も、脳の潜在能力を引き出すことができるそうです。

英語

小学生の低学年くらいから本格的な英語教室に通うというのも、頭が良くなる方法の1つだと思います。 何才であっても、日本語と英語という2ヶ国語を話すことは、脳の働きを増すことになります。 また英語を音読することによって、脳を・・・

予習と復習

当然のことながら、勉強をすることは頭が良くなる方法のベースとなるものです。 この勉強の仕方にポイントがあります。 ただ時間をかけて、「何時間勉強した」というのは頭が良くなる方法ではありません。

睡眠

「十分な睡眠」をとることは、頭が良くなる方法の効果を高めるためにも大切なことです。 何時間も勉強をすればいいわけでも、何時間も読書をすればいいわけでも、何時間も脳トレーニングをすればいいわけでもありません。 短時間でいか・・・

右脳を鍛える

頭が良くなる方法の大前提として、記憶力を良くする必要があります。 集中して記憶することで、多くのことを学ぶことができます。 頭があまり良くないと思う人の多くは、この記憶力が悪いのだと思います。 記憶力を高めることが、頭が・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ