読書の方法

学校では、1人1人の生徒に対して頭が良くなる方法を指導してくれるわけではありません。
一斉に同じ内容の授業を行います。
そのため個々の生徒に合わせた指導をすることができません。
塾へ通ったとしても、テストでいい点数をとるための知識をただ詰め込むだけの勉強になります。
ただの詰め込み教育は、子供たちが持つ本来の能力、思考力、創造力などを育てることができません。

そこでポイントとなるのが「家庭学習」です。
小学生では、家庭学習をすることが、頭が良くなる方法の近道となります。
小学生、中学生の頭が良くなる重要な教科として挙げられるのが「国語」です。
国語は、思考力、理解力、表現力、創造力を身につけることができます。
この国語力がある子供は、大人になっても頭がいいです。

家庭学習でどうやって国語を勉強させるかというと「読書」をさせます。
国語では漢字をたくさん習います。
小学生の間に1,000文字近い漢字を習っていきます。
学校ではひたすら書くことで覚えます。
しかし漢字は読むことから始めるといいです。
読めるようになれば書けるのも早いからです。
本を読むことでたくさんの言葉、漢字に触れて、それを読むことで自然に読む力をつけることができます。

効果的な読書の方法としては、毎日決まった時間に好きな本を10分間読むことです。
ページ数を決めて読むと言う方法もいいかもしれません。
思いついたときにだけ読むのでは効果がありません。
毎日続けることが大切です。
次第に読む力がついていき、自然に書く力も身についていくと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ