睡眠

「十分な睡眠」をとることは、頭が良くなる方法の効果を高めるためにも大切なことです。
何時間も勉強をすればいいわけでも、何時間も読書をすればいいわけでも、何時間も脳トレーニングをすればいいわけでもありません。
短時間でいかに集中して勉強ができるか、それがポイントです。
効率的に集中して必要な箇所を勉強して、あとはたっぷりと睡眠をとること。
それが最も頭が良くなる方法です。
とくに小学生の子は、「寝る子は育つ」と言われるように、体を育てる大切な時期でもあります。
寝ている間に体が成長するのはもちろんですが、記憶力に関しても寝ている間に脳に定着させることができるのです。

集中して覚えた勉強内容を、きちんと記憶できているかどうか調査を行った人がいます。
勉強した後にしっかりと睡眠をとった人、あまりとらなかった人、それぞれに勉強した内容を覚えているか12時間後にテストしたら、しっかり睡眠をとった人の方がはるかに高い点数をとったそうです。
睡眠によって記憶が脳に定着することで、長期的な効果があったということです。

暗記モノは寝る直前に覚えた方が、よく覚えていられると聞きます。
これは睡眠が脳の「記憶」「学習」機能に重要な役割を持っているからです。
勉強して覚えた内容を寝ている間に脳の中で整理して、記憶として定着させることができるのです。
いくら勉強しても、「よい睡眠」をとっていなければ、記憶力は良くなりません。
小学生の子供には親が質の良い睡眠、深い眠りをとれるように環境作りをしてあげることが大切なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ