右脳を鍛える

頭が良くなる方法の大前提として、記憶力を良くする必要があります。
集中して記憶することで、多くのことを学ぶことができます。
頭があまり良くないと思う人の多くは、この記憶力が悪いのだと思います。
記憶力を高めることが、頭が良くなる方法の近道なのです。
そして右脳を鍛えることで、記憶力は良くなります。

右脳を鍛える方法としては、体を動かす、音楽を聴く、楽器を弾く、絵を描く、絵を見る、といった日常の中でできることがたくさんあります。
小学生のうちからこのようなことに触れておくことで、右脳を鍛えて記憶力を高める効果が期待できます。
最近では、簡単にできる脳トレーニングの方法として「ゲーム」を活用する方法があります。
インターネット上で検索すると、脳トレゲームがいくつも出てきます。
小学生でもできる簡単なものもたくさんあります。

反転文字→反転している文字を探す。
計算比較→2つある計算式から答えが大きい方を選ぶ。
順番数字→小さい数字から順番に選ぶ。
文字配列→文字の配列が違うアルファベットを探す。
最大数字→多くの数字の中で一番大きい数字を探す。
あみだクジ→「あたり」につながるくじを選ぶ。
ピラミッド算→下から順番に数字を足して上位へ進む。
他にもパズルゲーム、推理ゲームなど多くの種類があります。

1つ1つのゲームは単純で数分で終わるものなので、小学生が飽きることなく挑戦できると思います。
また長時間このトレーニングに時間を割く必要はないため、本来の勉強がおろそかになる心配もありません。
気軽に脳を鍛えて、記憶力を高めていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ