叱るよりも 褒めることが頭の良い子を育てる

叱るよりも 褒めることが頭の良い子を育てる基本です

頭が良くなる前提として子供が自分自身を肯定する必要があります。僕は私は大丈夫・OKなんだと。こういう基本的態度が学びをスムースにして頭の良い子を育てます。自分を肯定できないように親に育てられたら自己実現は非常に困難となります。

叱るより誉めるしつけ 最近では育児書とともに育児書法があります。それらの本を読んだことがありますか。子供をほめて育てるのが原則だが、時には叱ったり体罰を与えることもやむを得ないという説もあれば、徹底して叱らないしつけを進めている本もあります。

初めての子育てで悩むことの多いお母さんはこのように肝心のところで考え方の違う本を読むと絶対買わない方がいいのか戸惑ってしまうのではないでしょうか。みなさんに読んでいもらっているこの記事も躾の記事ですから、誉め方叱り方というテーマを避けるわけにはいかないでしょう。誉めるというのは甘やかすことではないんです。子供の可能性を潰すのが過保護ですし、可能性を伸ばすのが誉めるということです。自由で伸び伸びした子が頭の良い子に育ちやすいのです。それも社会的にもうまく適応して社会生活の中でますます自己実現ができるようになります。

誉める事を語るなら叱ることについても触れましょう

結論から言えば子供をしかるより誉めて育てるのが基本です。特に幼児が叱られるという体験を重ねることは、心の発達によい影響はないでしょう。親から見ればいたずらで自己中心的であっても、その多くは子供の発達過程の現れです。子供がその段階を通過しなければ順調に育っていくことができないとしたら、叱って押さえつけていれば順調に育っていく事ができないとしたら、叱って押さえつけるのは明らかに間違っています。トイレットトレーニングの例からもわかるように叱ったり脅したりするとかえって拗れてしまって良い習慣が身に尽きません。

子供に完全を要求したり、急いでやらせようとするのは無ちゃな話で、子供が意欲をなくしていやがるようになってしまったら万事休すです。何かをやらせようとこんなことを身に着けて欲しいと思ったら叱らず誉めるということを原則として下さい。昔は子供を叱ってしつける事も多かったようです。たとえ小さな子供でも無意識のうちに物を踏みつけたりすると足癖が悪いと脚をたたかレンタル箸の握り方がおかしいと思う手をたたかえることもあったようです子供の頃の記憶とはいえ叱られたことはあまり良い思い出としてのこらないようです。

父親が厳格過ぎて怒られてばかり中学校に入ってから心理的に問題が生じて、結局不登校児となって義務教育を終了することができなかった不幸な例もあります。以前は不登校に対する心の治療法が十分におこなわれていなかった不幸な子供も多く見られました。最近では無気力不登校非行など、子どもの様々な問題に大人が関心を寄せその原因を探るようになりましたが十分な対応が行われているかどうか考えるとまだまだです。
小学校から思春期の子供たちに見られる問題行動はさまざまな要因が絡みあって起きています幼児期の親子関係もそれらの要因のひとつで親子の信頼関係が作られなかったり家庭のあたたかさを感じられないままに育った場合問題を起こしやすいと言われています。子供は誉めて育てて伸び伸びと心と体を育み、頭の良い子に育てましょう。ランドセルを選ぶ時にはなるべく子供の好きなランドセルを選ばせてもかまいませんが、あまりに可愛らしいものやキャラクター物は飽きたり、恥ずかしくなったりします。

それは十分に行って聞かせましょう。言い聞かせても欲しいと言えば、ここからが躾です。あなたは自分でランドセルをえらべたね。凄いよ。その望みは聞いてあげよう。でももし高学年になってそのランドセルに飽きたり、嫌になっても買い替えはしないよと伝えましょう。そしてその通りにすれば良いのです。これなら誰も嫌な気持ちにならずに済みます。あとは親も子供も約束を守ればよいのです。萬勇鞄の人気ランドセル2016は超おすすめです。ランドセルは格好の躾・教育の道具です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ